ワキガクリームランキング【ラポマイン】の紹介

ワキガで悩むあなたへ

数あるワキガクリームの中でも、常に人気ランキングの上位にいるのが
「ラポマイン」です。

ラポマインのおかげで、ワキガの悩みが解消して、人生が変わったという人もいるほど。

具体的なユーザーの声を聞いてみると、ラポマインの人気の秘密が見えてきました。

今すぐワキガクリーム ランキングをチェック!

わきがが気になるタイミングは、人によってまちまちですが、思春期の頃から自分のニオイが気になりだしたという人が多い印象です。

思春期といえば、異性を意識し始める年頃。見た目はもちろんですが、自分のニオイにも敏感になるのはしょうがないことですね。

また、ホルモンバランスの関係で汗をかきやすくなったという理由で自分のニオイが気になり始めることもあるようです。

さて、汗っかきの人ほどわきがなど体臭がキツイという印象があります。確かに体験者によると、汗をかくようになってから特に自分のニオイが気になり始めたということもあるのです。

特に夏場や運動の後などは、どうしても汗をかくため、わきがも気になります。
わきがの原因はアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂汗腺から出る皮脂や垢が人間の皮膚に常にいる常在菌に分解されて臭いを放つことにあると言われています。

つまり、「汗」と「菌」がニオイの原因というわけです。
そこで、多くのワキガクリームは、汗を抑えることと、殺菌にばかり注目してきました。
でも、汗を抑えて殺菌することには、大きなデメリットがあったのです。

そのデメリットとは?

それは、強い制汗成分や殺菌成分が肌にダメージを与えて、肌を乾燥させてしまうのです!

ただ、お肌に悪いだけではありません。肌が乾燥すると、体臭もキツクなります。

どういうことかといいますと、肌が乾燥すると、皮膚は肌を守ろうとして、より多くの汗や皮脂を出すため、その汗や皮脂をエサにした「わきが菌」が繁殖して、わきがが発生するのです。

ワキガクリームと言えば「ラポマイン」

わきがを抑えるには、乾燥させないこと!

制汗や殺菌が、逆にわきがをキツクさせているのであれば、一体どうすればよいのでしょうか?

ここに注目したのが、ワキガクリームランキング常連の「ラポマイン」です。

ラポマインの開発者は、制汗や殺菌自体が問題なのではなく、制汗成分や殺菌成分による「肌の乾燥」が問題なのだと気づきました。
そこで、肌を乾燥から守る「保湿」に注目したのです。

肌を保湿することは、わきがの原因である余分な汗や皮脂を抑えることにつながる。この発想がラポマインと他のワキガクリームの違いでもあります。

もちろん、制汗・殺菌も大事です。しかし、それは保湿が前提。
保湿しながら、制汗、殺菌することでわきがのニオイを抑える。これがラポマインの特徴なんですね。